新人スタッフ紹介

トップページ > 新人スタッフ紹介

佐藤花帆(さとうかほ)

獣医になったきっかけ

子供の頃から動物が好きで、大学の獣医学部に入学した時は牛などの大動物の獣医師を目指していました。大学4年生になりワンちゃんや猫ちゃんの外科手術中の麻酔や呼吸器疾患の診療に係る研究室に3年間所属し、大学病院で診療のお手伝いをしていく中で、家族の一員であるワンちゃんや猫ちゃんの病気と向き合う小動物医療にやりがいを感じ、臨床獣医師として社会に貢献したいという思いが強くなりました。
新都心どうぶつ病院は一般診療に加え専門診療も充実しているため、さまざまな診療に携わりながら成長していきたいと思います。また、女性獣医師としてお母さんのような優しい気持ちでペットちゃんと接していきたいです。

今後について
(どんな獣医師になりたいか)

ペットちゃんとご家族の不安な気持ちを少しでも取り除けるよう努力してまいりますので、気になることがありましたら何でも相談して頂ければと思います。

斎藤 華恋(さいとうかれん)

トリマーをめざしたきっかけ

小さい頃から動物が大好きで、将来は動物と深く関われるトリマーになりたいとその時からずっと考えていました。何度か諦めかけ別の道に進もうとしましたが、憧れを捨てきれずやはり自分はトリマーとして働きたいと思い、高校卒業後に専門学校へ行くという決断をしました。
個人的に飼主様やペットちゃんの笑顔に触れる機会が一番多いのがトリマーだと思っているので、私も笑顔になれるお手伝いが出来ればと強く思いこの道に進みました。

今後について
(どんなトリマーになりたいか)

自身の技術力を上げ、どんな子も安心して任せていただけるようなトリマーを目標とし励んでいきます。また、常に笑顔を心掛けペットちゃんがリラックスできるトリミングをしていきます。

生井優紀(なまいゆうき)

獣医師をめざしたきっかけ

イルカが好きだったので、小さい頃から動物に興味がありました。「動物を知るために、動物の医学も学びたい」と思ったのが獣医師を目指したきっかけです。その後、犬を飼うという経験を経て身近な動物たちへの医療にも関心を持ち、臨床獣医師をより具体的に目指すようになりました。

今後について
(どんな獣医師になりたいか)

行動学に興味があるため、日頃の気になる行動など小さなサインを見逃さない獣医師として、皆様の不安を取り除ける存在になりたいと思っております。

過去の新人スタッフ紹介はこちらから